【小学生でも稼げる株式投資 #1】ギャンブル(投機)と投資は違う!

株価のサムネイル投資
株価

はい、どうもー。投資の小学生です。

今回からお届けする【小学生でも稼げる株式投資】シリーズ。

投資というとどうしても

  • ギャンブルと捉えられる
  • 投資自体が大きな資金が必要
  • お金を失うことの怖さ

など、良くないイメージが付きまとうものです。

ただこんなイメージ日本だけだということを知ってもらい、小学生のうちから正しいマネーリテラシーを学ぶことで小学生でも稼げる投資の正しい知識についてお届けしたいと思います。

[PR] 7年連続総合1位を受賞 SBI証券口座開設

スポンサーリンク

投機と投資の違いは?

投資とは長期的に有望な成長資産に資金を投じることで、成長した資産の一部を利益として得ることです。

それに対し投機(ギャンブル)はその時の資産の変動など一時の機会に対して資金を投じることで、変動した資産の一部を利益として得ることです。

投資は成長性(データ)が土台になりますが、投機は機会にお金を賭けるため運が土台になります。

大きな資金が必要なの?

たくさんの資金
たくさんの資金

今は日本株や米国株など1株単位での購入が可能です。

1株 100円前後〜3000円前後で購入可能なものが多いです。投資信託などは100円から投資できたり、現金ではなく、余っている各種ポイント(Tポイントなど)で投資ができるものもあります。

[PR] 7年連続総合1位を受賞 SBI証券口座開設

お金が無くなってしまうことはないの?

右肩上がり
右肩上がり

株式投資などリスク資産に関しては元本の保証はありません。価値の観点だと現金ですら保証はありません。(別途解説するインフレリスク)

長期で投資を行うことで資産の減少リスクが下がり、20年以上になると資産がプラスで遷移する研究結果もあります。

なぜなのか?

理由は簡単で、ずっと赤字を目指す会社はないので、単年で赤字や1社で赤字ということはあっても、市場全体としての業績の平均値は右肩上がりとなります。

今回はここまで。また次回以降よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました