【小学生でも稼げる株式投資 #2】インカムゲインとキャピタルゲイン

株価のサムネイル投資
株価

はい、どうもー。投資の小学生です。

【小学生でも稼げる株式投資】シリーズの第2回目の今回は「インカムゲイン」についてお届けします。

投資で得られる利益というのは大きく分けると2つに分かれます

[PR] 7年連続総合1位を受賞 SBI証券口座開設

スポンサーリンク

インカムゲインとは

コツコツ
コツコツ

株式投資であれば株の配当、不動産投資なら家賃収入、はたまた預貯金なら金利での利息など継続して得られる収入のことをインカムゲイン(income gain)と言います。

【小学生でも稼げる株式投資】では主にこちらのインカムゲインをメインとした投資スタイルで説明していきます。

小学生なら毎月のお小遣いがインカムゲインになります。

キャピタルゲインとは

右肩上がり
右肩上がり

株式や不動産など物が値上がりし、その売買によって得られる収入のことをキャピタルゲイン(capital gain)と言います。

小学生なら持ってるトレーディングカードでレアカードができたみたいなのがキャピタルゲインになります。

一般的にはインカムゲインよりキャピタルゲインの方が利益としては大きくなることが多いです。

どちらの投資スタイルがいいのか?

どちらの投資スタイルがいいのかは人それぞれです。

インカムゲイン狙いの場合は確実に利益を得られる分、1回の利益としては少ない傾向があります。株式の配当の場合は購入額の年利4%程度あると上出来な感じです。

キャピタルゲイン狙いの場合は将来の価値を見越して投資をすることで、購入金額の数10%〜数100%となる場合もあります。

これだけ聞くとキャピタルゲイン狙いの方が良さそうですが、株価は常に変動するものなので、50%利益出た翌日には0%となる場合もあるので、利益の確定タイミングが重要です。それに比べてインカムゲインである株の配当はよっぽどのことがない限りは配当金の形で一定の間隔で利益が得られます。

今日はここまで。また次回以降よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました